仮想通貨 "NEO"ってなに??

こんにちは。くまです。

NEOに関する詳しい記事の要望が多かったので、少しずつ書いていき、最終的にガイドのように まとめていきたいと思います。

今回はまず概要についてです。

NEOは中国発の仮想通貨です。

皆さんが聞きなれているイーサリアム(ETH)と同じくブロックチェーン上で自由度の高いスマートコントラクトの作成が可能であり、ICOやDappsと呼ばれるアプリを作成することができるプラットフォームとして使用されています。

そのため中国のイーサリアムと呼ばれたりします。

・NEOは中国版イーサリアムなのか?

2017年の冬に品川で行われたミートアップにおいて、NEOの創業者でCEOであるDa Hongfei氏はこのような事を語っています。

「日経新聞のインタビューで、中国のイーサリアムといわれる事について嬉しいですか?と聞かれました。私は、両者ともブロックチェーン上にスマートコントラクトを載せたプラットフォームですので、よいと思います、しかし、NEOとイーサリアムは全くことなるものです。と答えました。」

Da氏が語るように、イーサリアムとNEOは異なる理念を持っています。

そして、その理念を一言で述べたのが“New smart economy”であり、その理想はNEOのロゴにも表れています。

f:id:midicrypto:20180109012018j:plain

この橋のような形をしたロゴは、現実世界の資産(アセット)と、ブロックチェーン(デジタルワールド)を結ぶ架け橋をイメージし、緑色は、他のブロックチェーンよりエコなシステムを表しています。

彼らは近い未来に全ての資産はデジタル化されると考えており、現実世界の物的資産を含めた全ての資産をデジタル化することを目標としています。

・全ての資産をデジタル化する意味と課題

資産というものには、流動性が必要です。

どんなに価値のあるものを現実世界で持っていても、買い手がみつからなければ、売りたい時に売れなければ、その価値は幻想に近いものです。

NEOはそのような現実世界の資産もデジタル化し、スマートコントラクトを用いることで、世界中の誰とでも低コストで取引ができ、流動性のある本当の資産に変わると考えています。

逆に、資産をデジタル化する上で課題となるのが、その資産は誰のものなのか、相手は信用できるのかということです。

現実世界では、家や、銀行の預貯金は法律や人や国に守られていますが、デジタル世界は必ずしもそうではありません。

そのためNEOにはデジタル上であっても相手が誰なのか識別できるデジタルアイデンティティが含まれており、かつ、それはブロックチェーンにより改竄ができないものになります。

また、身元をはっきりと明かしたうえで、世界中の資産を取引するとなると、各国の法律や規制は無視できません。

これについても、NEOは各国の規制に順守して進めていくと発言しており、各国のブロックチェーンに関する規制や法律に関する情報を収集するプロジェクトも進行しています(近いうちにGit hubに公開するとのことです)。

これは政府の規制が強い中国でも、このプロジェクトが生き残っていける理由でもあると思います。

このように、NEOには将来に起こる資産のデジタル化をみこして、それらを用いた経済活動を行うのに適したプラットフォームを作るというビジョンがあります。

現時点ではイーサリアムとNEOは、ともにプラットフォーム上でのDappsの開発とICOという同じことをしているため、全く同じものにみえますが、理念に大きな違いがあり、目指す最終地点は別物だと思います。

次回は、更に詳しく両者の違いに迫ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です